Company

会社紹介

会社紹介

弊社の創業は1923年、
大型変圧器用の部品加工、
電圧スイッチのアセンブリを主力として製造してまいりました。

社長挨拶

代表取締役 清水 良祐

代表取締役 清水 良祐

共和電機工業株式会社は、電力部品開発加工事業に加え、半導体製造装置用部品の加工製造、溶接機用ケーブル加工などを行っております。

また、2015年からは、太陽光発電をメインとする「再生エネルギー事業」もスタートさせ、現在は事業拡大を続け、全国で太陽光発電施設を稼働中です。持続可能な再生エネルギーは、事業としても、環境保護の観点からも、今後の成長分野であるとして大きく期待しています。そして、奇しくも私たちがこの事業をスタートしたのと同年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」=国際的課題であるSDGs(持続可能な開発目標)にも直接的に貢献する有意義な事業であると自負しております。

そして、弊社で一番力を入れていること、それは「人財育成」です。
社員の成長なくして、会社の成長はあり得ません。

弊社では新卒採用でも、中途採用でも、まず社外の研修機関にて外部研修を受けてもらうことを条件に、入社していただいています。

また、入社後も各委員会の開催、運営、社内外研修、そしてチーム単位で改善提案数を競うなどして、会社として個人として成果を出すにはどうするか、という経営の原理原則に従って、日々成長を目指してもらっています。

私も含め、社員同士が皆で助け合い、高い目標を達成するような社風を創ってきたいと思っています。

企業理念

伝統を革新に変え、
お客様と地域社会から
必要とされる存在になり、
全従業員の物心両面の幸福を創る。

共和電機の社是

  1. お客様視点を常に念頭に置き、行動する。
  2. 常に明るく前向きに素直な心で行動する。
  3. 困難な仕事こそ自己を成長させるチャンス。失敗を恐れずにトライする。
  4. 会社は人である。全社員の成長が会社の成長に繋がる。
  5. 常に高みを目指し、現状に満足せず己の技術を磨く。
  6. 会社が成長すると言う事は大きな社会貢献をしていることと同じである。
  7. コミュニケーションが全ての基礎となる。挨拶は必ずしよう。
  8. 五年後のテーマに挑戦する。
  9. ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン ひとりは皆のために、皆はひとりのために。
  10. 出来ない、ではできない。

会社概要

社名
共和電機工業株式会社
所在地
大阪本社】
〒532-0027
大阪市淀川区田川2丁目5番39号
Tel 06-6302-7781 
Fax 06-6302-3364
【東京営業所】
〒532-0027
東京都港区虎ノ門4-3-20
神谷町MTビル14階
Tel 03-5404-3437 
Fax 03-5404-3401
創業
大正12年12月
創立年月日
昭和31年4月28日
資本金
1,000万円
代表取締役
清水 良祐
営業品目
・大型変圧器タップチェンジャー用スイッチ製造
・半導体製造装置 エッチング用リアクトルコイル製造
・部品類等金属加工
・溶接機用ケーブル、トーチスイッチ製造
・各種インターフェイス製造
詳細はこちらをご覧ください
従業員
32名
工場敷地
1,060㎡
工場建物
2,363㎡
決算期
3月末日

沿革

年次
事項
大正12年12月
大阪市大淀区中1丁目20番にて、共和電機製作所として創業
昭和21年10月
大阪市淀川区田川3丁目5番39号にて、大阪変圧器株式会社より、
場用敷地を借り受け、工場を再開する。
主な取引き先
大阪変圧器(株)
西島電機(株)
大同電気(株)
北陸電気(株)
京都変圧器(株)
日新電気(株)
等10社
昭和26年09月
戦争の為、工場焼失
昭和27年10月
大阪変圧器株式会社の協力工場になる。
昭和31年04月
共和電機工業株式会社に改称 資本金50万円
昭和33年04月
大阪市淀川区三津屋南1-17-2にて、三津屋工場操業開始
昭和35年04月
資本金200万円
昭和41年04月
資本金500万円
昭和43年06月
大阪変圧器株式会社より借り受けていた、工場用敷地を購入。
昭和44年04月
三津屋工場閉鎖。田中電機製作所を設立し、取引先大阪変圧器株式会社以外の生産を開始する
昭和46年04月
資本金1000万円
平成元年10月
隣接地を購入。現在の工場に至る。
平成04年12月
ダイヘン優良賞受賞


アクセス


電車

●阪急 十三駅 徒歩 約10分
●JR塚本駅 徒歩約13分

バス

梅田駅からバスで神埼川、加島方面、
田川通り降り口下車約1分